女性経営者税務研修会を開催いたしました。

本日13:30より、北茨城市の「としまや月浜の湯」にて当会女性部会員を中心とした標記研修会を実施いたしました。
講師には、日立税務署法人課税第一部門 横山統括官を迎え、統括官のこれまでの職歴などの紹介とクイズ形式での研修となりました。
クイズでは3択で答えが用意されておりましたが、意外と知っているようで知らないものが多く、とてもためになる研修会となりました。
例題)
 国民が負担する国税・地方税の額を国民所得で割った租税負担率と社会保障負担率を合わせたものを国民負担率といいます。
 日本の平成23年度の国民負担率は、およそ何パーセントでしょうか。

1 約40%
2 約50%
3 約60%

(答え 1)

 応援した県や市町村に対して寄附を行うと、寄付金額の一部が個人住民税や所得税から控除される「ふるさと納税」制度があります。
 では、次のどの金額を交付すると、個人住民税からの控除を受けることができるでしょうか。

1 1,000円
2 2,000円
3 3,000円

(答え 3)

など・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください